福祉の仕事「福祉のお仕事や通信講座のご紹介・簡単な取得方法など」

福祉の仕事に就くには資格が必要?

福祉業界に就職するためには、どのような資格を必要とするのでしょうか。
また、仕事はどのように探すと良いのでしょうか。

 

福祉の仕事である介護や相談援助の仕事に付くことは、
資格がなくても法律的には可能です。

 

ですが、未経験で、何も資格のない人が仕事を探すのは、
現実的に難しい現状があります。

 

専門職として恥じない専門性を身につけるために、
資格の取得を早めに考えましょう。

 

 *報酬加算制度

 

  介護保険では、一定以上の割合で、有資格者の職員がいる場合、
 質の高いサービスが提供されているとして、
 報酬を加算する制度があります。
  そのため、有資格者を優先的に採用したり、
 職員の資格取得を奨励する職場は少なくありません。

 

現在社会人の人・新卒でも福祉系の学校の卒業者ではない人

 

介護職に就きたいと思っている人で、
すでに社会人であったり、
新卒でも福祉系の学校の卒業者ではない人もいると思います。

 

そのような人は、介護職員初任者研修(旧・ホームヘルパー2級)を
初めに受講しておくことをおススメします。

 

介護職員者研修は、夜間や土日を利用した講座が、
あちこちで開催されています。

 

そして、介護職に就いたら、働きながら介護職員実務者研修を修了し、
3年間の実務経験を取得し、
介護福祉国家試験を受験するというのが良いのではないでしょうか。

 

相談援助職は、ポストが少なく、
何の経験も資格もない人が採用されることは少ない状況があります。

 

相談職を希望するのであれば、
社会福祉や精神保健福祉士の資格の取得を目指すのがおススメです。

 

現在社会人の人であれば、まずは介護職などで
福祉の仕事に就き、社会福祉主事任用資格や、
社会福祉士を目指しながら、相談職への配置転換、転職を
考えていくことをおススメします。

 

大学や専門学校への進学が可能な人

 

現在高校生であるなど、大学や専門学校への進学が可能であれば、
まずは介護福祉士や社会福祉士の国家試験受験資格を得ることができる
学校似進学すると良いでしょう。

 

このような学校は、資格を取りやすいというだけでなく、
福祉系の学校でしっかりと学ぶことによって、
知識や技術の習得ができますし、
福祉業界で相談できる人脈つくりにも大いに役立つでしょう

 

 

どのような資格でもそうですが、
「将来のためにとりあえず資格だけ取っておく」という考え方は
おすすめできません。

 

資格を取るだけで仕事に就かなければ、
習得した知識はすぐに忘れてしまいますし、
時代遅れになってしまうでしょう。

 

福祉の仕事では、ある程度の人生経験や人柄が重視されます。

 

どのような知識があっても、学校を出たての若者が、
人生経験が豊富な高齢者の気持ちによりそうことは
簡単なことではありません。

 

そのため、福祉の仕事では、中高になってからの転職も、
比較的歓迎されています。

 

中高年にとって、福祉サービス業は、人生経験を生かしながら、
新しい道を切り開くことができる可能性が
大いにある職場であるといえるでしょう。