福祉の仕事「福祉のお仕事や通信講座のご紹介・簡単な取得方法など」

福祉の職場 入所施設・地域

福祉の職場はさまざまです。

 

そして、同じ高齢者や障害者を対象としていても、
職場の種類によって、働き方は変わってきます。

 

入所施設

利用者に入所してもらい、集団で暮らす人を対象に施設でサービスを提供します。

 

大勢のスタッフが協力し、仕事に当たります。

 

24時間介護が必要な場合は、シフト制による変則的な勤務時間が多くなります。

 

地域

自宅など地域に暮らす人を対象にした訪問・通所でサービスを提供します。

 

・訪問サービス

 

基本的にスタッフが1人で利用者の自宅を訪問し、
サービスを提供します。

 

ケアマネジャーなど、他のスタッフと連携する事が重要ですが、
ある程度、一人での行動が求められます。

 

また、地域内での頻繁な移動が必要になるため、
自転車、バイク、自動車等を利用します。

 

一件あたりの訪問時間は細かく区切られているので、
比較的パートタイムで働きやすい職場環境であるといえます。

 

訪問サービスは、一般的に朝から夕方にかけての仕事になりますが、
一部夜間の訪問介護サービスもあります。

 

・通所サービス

 

通所サービスでは、入所施設と同じように大勢でチームを組み
仕事をします。

 

通常夜勤はありませんが、代わりに送迎が重要な仕事になります。

 

 

近年は、大規模施設での集団生活よりも、
自宅や高齢者向け住宅等で暮らしながら
在宅介護サービスを利用することが、推奨されてきています。

 

今後、在宅介護は発展が見込まれます。

 

規模が大きな組織に就職をした場合は、配置転換があり、
施設、通所サービス、訪問サービスなどを異動して回ることがあります。

 

また、ある程度資格や経験があると、
若いときは夜勤手当出稼ぎ、子育て中は時間をコントロールしやすい
訪問介護で働くなど、
ライフスタイルに合わせて働き方を変えていくこともできます。

 

相談援助職では、入所施設や通所施設の相談員として働く場合と、
相談機関などに所属して広く相談を受け付ける等します。

 

施設では、利用者が生活の場としての施設で、
快適に過ごすことができるように介護職員や医療職員、
ケアマネジャーなどと連携しながら、施設内で比較的密接に関わります。

 

相談機関では、利用者が安心して暮らすことができるように、
地域のさまざまなサービスを組み合わせたり、
時には隣近所の人に挨拶をするなどして、
幅広い視点で関わっていくことが必要です。

 

どのような働き方が、自分に向いているのか、
それぞれの職場を見学させてもらう等して検討すると良いですね。