福祉の仕事「福祉のお仕事や通信講座のご紹介・簡単な取得方法など」

福祉の対象となる人

福祉の仕事といっても、いろいろな分野があります。

 

一般的には、どれかを自分の専門分野とし、
経験を積んでいくことになります。

 

最初にどのような職場で働くのかは、
その後のキャリア形成に大きく係っていきます。

 

福祉の仕事を目指すのであれば、
まず、自分はどのような人を対象に仕事をしたいのかを
考えることが大切です。

 

さまざまな分野の施設を見学させてもらったり、
ボランティアに参加するなどして、実際に自分の目で確かめ、
自分が専門にしたい分野について考えてみましょう。

 

主に福祉の対象となる人たちは、以下のような人たちです。

 

 

高齢者

高齢者の数はどんどん増えています。

 

そして、福祉の仕事の中でも、現在最も求人数が多いのが
高齢者を支える福祉の分野です。

 

高齢者の豊富な人生経験から学ぶことも多く、
市に向き合う機会が多い仕事でもあります。

 

障害者

肢体不自由、視覚障害、聴覚障害、知的障害、発達障害、
精神障害など、障害の種別により、必要な支援はかなり大きく異なります。

 

ほとんどの場合、障害の種別ごとに施設やサービスが分かれます。

 

子ども

子どもの数は減っていますが、虐待やいじめ等の問題が年々増えています。

 

人間形成に関わるのは、その成長がとても楽しみなことではありますが、
非常に責任が重い分野でもあります。

 

その他

失業して困っている人、DV被害から避難してきた女性、
薬物中毒者、アルコール中毒者など
さまざまな問題を抱えている人のための施設や相談機関があります。