福祉の仕事「福祉のお仕事や通信講座のご紹介・簡単な取得方法など」

福祉の仕事 介護

高齢や障害、病気などで心身に不具合が生じ、
日常生活を送ることが難しい人に対し、
安全に安心して暮らすことができるよう
手助けをする仕事が「介護」です。

 

介護の仕事の具体的な内容としては、「排泄」、「食事」、「着替え」、
「入浴」、「移動」、「コミュニケーション」など
日常生活に必要なことを手伝ったり、
利用者がすることができない家事を代わりにやってあげるなどします。

 

介護は、英語でケア(care)というので、
介護職のことを「ケアワーカー」、介護計画を「ケアプラン」と呼んだりします。

 

介護職は、実際に身体を動かして働くことが多いので、
どちらかというと身体を動かすことが好きな人に向いている仕事だといえます。

 

ですが、利用者にとって苦痛や不安を与えないように介護するのは、
意外と難しいものです。

 

質の高い介護を行うには、医学的、心理学的、介護法、家事全般などについて、
幅広い知識や技術、経験が必要です。

 

学歴は必須ではありませんが、
一般的には短大卒業、或いは専門学校卒業レベルの知識が求められます。

 

また、介護職を目指し、4年制大学に進学する人も多いです。

 

重度の世油介護者にとっては、24時間の介護が必要です。

 

働き方にもよりますが、入所施設や24時間体制の訪問介護では、
夜勤を含めたシフト制の勤務が多くなります。

 

シフト制勤務は慣れないととても辛いです。

 

そのために仕事を変える人もいるほどです。

 

 *シフト制の勤務とは

 

 シフト制の勤務とは、時間をずらし、職員が交代で勤務する仕組みです。
 施設によって、方法は異なりますが、
 一般的には、早番、日勤、遅番、夜勤というように分け、
 大半の利用者が眠りに付く夜間には人が少なく、
 人手必要な食事時間に、多くの職員が配置されるようになっています。

 

 1日の勤務時間はほぼ8時間で休憩時間が入り、
 夜勤は週2日間とし、夜勤明けの翌日は休日としている施設が多いです。

 

 *シフト制勤務の例

 

 早番: 7:00〜15:30
 日勤: 8:30〜17:00
 遅番: 13:00〜21:30
 夜勤: 16:320〜9:00

 

このようにシフト制勤務は、慣れるまで少し大変です。

 

ですが、体内リズムを変えないように、睡眠方法を工夫するなど、
コツをつかむと案外平気になるという人も多いので、
中には平日昼間の時間を有効利用できることを大きなメリットとして
考えている人もいます。

 

また、若い間はシフト制勤務でも、年齢がやや高くなると、
経験を生かし、管理職や相談職、介護支援専門員(ケアマネージャー)など
夜勤のない職種に配置転換されることもあります。

 

ケアマネジャー(介護支援専門員)は、利用者がつつがなく
日常生活を送ることができるように
さまざまな介護サービスを組み合わせ、介護計画を立てたり、
利用状況を確認して修正したりする仕事をします。

 

ケアマネジャー(介護支援専門員)は、
介護について精通していると同時に、
介護保険制度についての知識や多くのサービスを連携させる
コーディネート力も必要になるでしょう。