福祉の仕事「福祉のお仕事や通信講座のご紹介・簡単な取得方法など」

福祉の仕事 相談援助

さまざまな可能性がある福祉の仕事ですが、
現在、職業としての福祉の仕事は、
大きく分けると「相談援助」系のものと「介護」系のものがあります。

 

相談援助の仕事

福祉の仕事の相談援助系の仕事には、
「社会福祉」、「精神保健福祉士」、「社会福祉主事任用資格」などがあります。

 

どれも大学卒業は必須ではありませんが、
同レベルの知識や技術が求められる職種です。

 

 

援助相談系の仕事は、何らかの問題を抱える人の相談に乗り、
問題を解決する手助けをする仕事です。

 

相談援助の仕事では、まず、
相談者の話をよく聴いて状況を把握することから始めます。

 

そして、問題点を整理し、その人の意志を尊重しながら
解決法を探っていくという仕事になります。

 

また、利用することができる社会保障制度やサービスを紹介したり、
より専門的な相談を受け付けている機関などへの橋渡しをするなどします。

 

時には、周りの人に理解し、協力してもらえるように働きかけるなど、
その人の周辺の環境も変えていくということをします。

 

そのような相談援助を「ソーシャルワーク」といい、
相談援助する人を「ソーシャルワーカー」といいます。

 

ソーシャルワーカー

ソーシャルワーカーは、法律や制度について詳しくなければなりません。

 

相談者の状態を把握するために、
法律や制度についての知識はもちろんのこと、
医療や介護についてもある程度の知識も必要とします。

 

また、さまざまな人とやり取りをするための
コミュニケーション能力も必要ですし、
個々の状況に合わせ、解決策を見出すための創造力も必要です。

 

ソーシャルワーカーとカウンセラーの違い

問題を抱えている人の相談に乗る仕事には、
カウンセラーという仕事もあります。

 

では、ソーシャルワーカーとカウンセラーは、
どのように違うのでしょうか。

 

カウンセラーは、悩みを相談する人が自分で問題を探し当て、
考えや行動を変えることによって、悩みを解決する手助けをします。

 

場合によってはとても有効な手段ですが、
本人にはどうしようもない周囲の環境による悩みを解決するのは困難です。

 

ソーシャルワーカーは、本人だけでなく、周囲にも働きかけ、
問題を解決しようとします。

 

たとえば一人暮らしのお年寄りが、部屋の中で倒れていても
誰も気づいてくれないかも・・・という悩みや不安をかかえているとするなら、
ソーシャルワーカーは、近所の人に挨拶をし、
「○○さんに、時々声をかけてあげていただけませんか?」
と言うように、呼びかけることもあります。

 

しかし、周囲に働きかけるといっても、
やみくもの動くと「そのようなことをいわれても迷惑だ」と
反発を買ってしまうこともあるかもしれません。

 

そのような場合に、どの用に働きかけると
良い環境に整えることができるかということまで
見極めて行動をするのが専門家としての
ソーシャルワーカーの腕の見せ所です。

 

ソーシャルワーカーは、法律や社会保障制度などの知識、
そして高いヒューマンスキルが求められる福祉の仕事であるといえます。