福祉の仕事「福祉のお仕事や通信講座のご紹介・簡単な取得方法など」

福祉業界の将来性

福祉業界の将来性は、どのようになっていくのでしょうか。

 

せっかく資格を取って経験を積み、キャリアアップしても、
世の中が変わってしまえば、仕事自体がなくなってしまうこともあります。

 

一生の仕事として考えると、
福祉業界の将来性は当然気になることでしょう。

 

 

どのように世の中が変わっても、大勢の人が生きて暮らしている限り、
さまざまな問題が起こってきます。

 

むしろ世の中が複雑になっていく現状もあり
ソーシャルワーカーの出番は増える一方です。

 

たとえ、介護の現場で、介護ロボットが活躍する時代が来たとしても、
利用者の身体の状況を確認したり、
その人の今までの生き方を尊重し、
何をどのように判断するのかについては、
ヒューマンスキルの高い介護のプロが求められるでしょう。

 

このようなことから、ここ数十年で福祉の仕事が無くなることは
まずありえません。

 

福祉サービスの仕事は、どのような時代でも必要とされる産業で、
これからの高齢化社会が進む日本では、福祉の仕事は
どんどん限りなく需要が高まっていくはずです。

 

現代の日本は高齢化が進み、すでに超高齢化社会に突入しています。

 

更に今後は高齢化が進み、2030年には65歳以上の高齢者が32%、
70歳以上だけでも25%になると予測されています。

 

つまり、4人に1人は70歳以上の高齢者と言うことになるわけです。

 

年齢を重ねれば、どうしても身体が弱り、
認知機能も衰え、医療と介護の必要性は高まります。

 

そうならないように、健康増進や介護予防を進めていくとしても、
その健康増進や介護予防そのものが、
医療と福祉の仕事になって行きます。

 

また、高齢化にあわせ、さまざまな社会保障制度ができ、変化していきます。

 

普通の人がその社会保障制度について理解し、
利用していくことは難しいですから、
変化ある制度が、うまく機能していくためには専門家のアドバイスが必須です。

 

このようなことから福祉の専門家は、今後ますます必要とされていくと思います。

 

 *高齢者率と高齢社会

 

 65歳以上の高齢者人口が、全人口にしめる割合を高齢化率と呼びます。
 また、高齢化率によって、社会は以下のように分類されます。

 

  ・高齢化社会・・・高齢化率が7%より多い
  ・高齢社会・・・高齢化率が14%より多い
  ・超高齢化社会・・・高齢化率が21%より多い

 

 この分類によると、日本社会は2007年に、すでに超高齢化社会に突入しています。