福祉の仕事「福祉のお仕事や通信講座のご紹介・簡単な取得方法など」

福祉の仕事はやりがいがある

福祉の仕事はやりがいのある仕事です。

 

たとえば、車いすで段差を超えることができない人がいたら、
ちょっと力を貸して持ち上げてあげることくらいなら、
誰にでもすぐにできそうです。

 

ですが、自力で歩けない人を、車いすに乗せてトイレに連れて行き、
用を足すのを手伝うのは、誰にでもすぐにできることではありません。

 

うっかり乱暴に扱えば、人に怪我をさせてしまうかもしれません。

 

手助けしたいという気持ちがあっても、
知識や技術を知らずにそれを行えば、
むしろ迷惑だったり、時には相手を危険にさらしてしまうこともあります。

 

福祉の仕事には、色々なノウハウがあります。

 

ですから職業としてやっていくためには、
まず、プロとしての基本的な知識や技術を学び、
身につける必要があります。

 

その上で、現場経験を積み、学び、工夫し続けることで、
プロの技を磨いていくのです。

 

簡単そうでいて、福祉の仕事はとても奥が深いものです。

 

ですから、専門職としての誇りを持つことができます。

 

以前は、福祉の仕事には特に資格がありませんでした。
むしろ、誰にでもできる仕事だと思われていたのです。

 

ですが、1989年に国家資格として社会福祉士と介護福祉士、
1999年度に精神保健福祉士ができ、
一定レベルの知識や技術を持った人を専門家と認めるようになりました。

 

 *社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士は、福祉の専門家として
 一定水準の能力があることを認定するための国家資格です。
 資格の保有者は、年々増加しています。

 

さらに、2000年度から施行された介護保険制度により、
介護支援専門員(ケアマネジャー)など
資格を持つ専門家でないと特定の仕事ができない場面も増えています。

 

最近では、よりレベルの高い専門職としての人材を育成するための、
認定社会福祉士、認定上級社会福祉士の制度ができたり、
認定介護福祉士の制度が検討されるなどし、
社会福祉士や介護福祉士という資格をとっても、それで終わりではなく、
さらに上を目指していこうという取り組みがされるようになっています。

 

福祉は、専門家としての誇りや、
仕事のやりがいを感じることができる仕事です。

 

サービスの利用者から、「プロにやってもらって良かった。」
と、思ってもらえるような専門家になることによって、
より多くの人を幸せにすることができる可能性を開くことができます。