福祉の仕事「福祉のお仕事や通信講座のご紹介・簡単な取得方法など」

福祉の仕事とは

福祉業界で働きたいと思ったとき、
福祉の仕事はどんな仕事なのか、将来性はあるのか、
安定性はあるのか、給料はどのくらいもらえるのか、
どんな勉強をしたらいいのかなどは、気になるところです。

 

このような基礎知識を知った上で、
福祉の仕事を目指したいですね。

 

では、福祉の仕事とはどのような仕事なのかについて、
まずみていきましょう。

 

 

福祉の仕事は、人を幸せにする仕事

福祉の「福」という字は、
「幸い。しあわせ。さいわいする。」という意味で、
「祉」という字は、
「天のくだす福が身にとどまる。さいわい。」という意味です。

 

つまり、福祉の「福」と「祉」という文字には、
どちらも「幸せ」という意味があります。

 

そして、福祉は、もともとは、英語の「welfare」を翻訳した言葉ですが、
「welfare」という言葉も「健康で快適な生活を送ることができる幸せ」
という意味があります。

 

つまり、「福祉」とは、
「人々が幸せに暮らせるようにすること。」であり、
「福祉の仕事」とは、「人が幸せに暮らせるようにすることを
お手伝いするサービス業」であるということができます。

 

 

福祉の仕事は、日常の生活を送る中で、
困ったことを抱えている人を手助けし、
なるべくいろいろなことがうまくいくようにしていきます。

 

人が幸せに暮らす権利は、憲法でも保障されています。

 

日本国憲法では、以下のように定められています。

 

 *日本国憲法

 

 第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を
    営む権利を有する。

 

 2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障
  及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

 

 

このように、人が幸せに暮らすために、
福祉の仕事があります。

 

そして、ひとくちに「福祉の仕事」といっても、
福祉の仕事には色々な仕事があります。

 

たとえば以下のような仕事です。

 

高齢者や障害者の介護

高齢のため、或いは障害のために、
自分では食事をすることやお風呂に入ることができなくなった人を介護し、
安心して生活を送ることができるようにします。

 

保育のサポート

親から虐待を受けている子供を保護し、
安全に暮らすことができるようにしたり、
親の相談に乗り、子育てがうまくいくようにサポートをします。

 

失業者のサポート

失業して経済的に困っている人に、
生活費の貸付、給付制度の紹介をしたり、
再就職がしやすくなるように職業訓練制度の情報を提供するなどします。

 

 

このように、福祉の仕事はさまざまなものがあります。

 

日本も、大家族で暮らしていたときには、
子育ても高齢者の介護も、家庭でまかなうのが一般的でした。

 

その時代をイメージすると、現代の「福祉」は、
「気の毒な人を助ける制度」と思ってしまうかもしれません。

 

ですが、現代は、核家族が進んでいて、
家族だけでは子育ても高齢者の介護も
何もかもを家族で行うのは無理があります。

 

そして、福祉は、ごく普通の人が、必要に応じて
いつでも利用することができる普通のサービスになっています。

 

それに伴い、福祉の仕事の幅も広がり、
多くの人が、福祉の仕事を選び、福祉の現場で働くようになっています。