福祉の仕事「福祉のお仕事や通信講座のご紹介・簡単な取得方法など」

福祉の仕事の就職先の探し方

福祉の求人情報は、他の業種と同じように、
新聞広告や就職情報誌、ハローワーク等で扱っています。

 

また、学生であれば、学校の求人情報も利用できます。

 

ただし、福祉の仕事をしたいと思うのであれば、
まずは自分が暮らす地域の福祉人材センターや福祉人材バンクに行き、
相談してみると良いでしょう。

 

もし近くにない場合は、電話でも相談ができます。

 

福祉人材センター・福祉人材バンク

 

福祉人材センターや福祉人材バンクでは、
良質な福祉の人材確保のために設置された期間です。

 

福祉関連の業種の紹介はもちろん、
福祉とはどのような仕事で、どのような求人があるのかなど、
福祉の仕事についての情報提供をしてもらうことができます。

 

また、職場体験や現場の人の話を聞くセミナーなども
随時開催されていますから、
福祉の仕事をやってみようと考えている人は、
ぜひ参加してみてください。

 

インターネット

 

インターネット上のサイト「福祉のお仕事:http//www.fukushi-work.jp/」は、
福祉人材センター、福祉人材バンクが運営するサイトです。

 

この福祉のお仕事のサイトでは、
福祉人材センターや福祉人材バンクで扱っている
職業紹介を検索したり、福祉の仕事について、
どのような仕事があるのかなどの説明を読むことができます。

 

インターネットであれば、24時間、
いつでも自分の好きな時間に情報を収集することができ便利ですね。

 

人脈

 

仕事を探すときには、なるべく大勢の知り合いに、
福祉の仕事を求職していると伝えておくと良いでしょう。

 

小さな組織では、地域の知り合いの紹介等で、
就職先を見つけている人は少なくありません。

 

 

また、どのような仕事でもそうですが、
就職を決める前には、実際にその職場に行き、
職員や利用者と話しをしてみるなど、
様子を観察することが大切です。

 

特に福祉の仕事がはじめてという人は、
複数の施設やサービスを見学し、違いを自分の目で確認すると良いですね。

 

また、福祉サービスでは、第三者が事業の状況を評価する制度もあります。

 

たとえば、WAM NET(ワムネット:http://www.wam.go.jp)があります。

 

インターネット上で評価が公開されていますから、
求人している組織がどのような評価を受けているのかについても、
事前に確認してみると参考になりますね。