福祉の仕事「福祉のお仕事や通信講座のご紹介・簡単な取得方法など」

福祉を支える社会制度とは

福祉は、「人を幸せにする」仕事です。

 

そして、人を幸せにするために、福祉の仕事を実行することに
とても意義があり、やりがいのある仕事です。

 

しかし、福祉を職業とするのですから、
報酬をもらうことが必要です。

 

一般的なサービス業では、サービスを受ける人から料金をもらって、
働く人への賃金が支払われます。

 

たとえば、レストラン等では、
食事をした人が払った食事代金から、
料理人や給仕の給料が支払われています。

 

福祉の仕事では、色々なことで困っている人が、
受けたサービスの料金をすべて負担することが難しい現状にあります。

 

そこで、福祉のサポートを受けた人の代わりに
お金を払ってくれるのが「社会保障制度」です。

 

社会保障制度には、色々なものがあります。

 

たとえば、「介護保険制度」では、原則として介護サービスを受けた人は、
1割だけを自分で負担し、残りは保険料と税金でまかなわれています。

 

地方公共団体が運営している福祉事務所や児童相談所の職員は、
自治体職員であり、経費は税金でまかなわれるのが基本です。

 

私たち国民が、保険料や税金として支払ったお金が、
いざというときに福祉サービスとして戻ってくるという仕組みが、
「福祉事業」です。

 

そして、福祉事業は、このような仕組によって成り立っています。

 

レストランであれば、
寄りやすく、より心地よいサービスと共に
よりおいしい食事を提供することにより、
お客さんがどんどん増えて、儲かるようになります。

 

福祉でも、ある程度は利用者がサービスを選択することができますから、
良いサービスを提供すると、サービスを受けたいという人が増え、
経営は安定していくでしょう。

 

しかし、福祉では、報酬は社会保険制度から支払われます。

 

良いサービスをしているからといって、
高額な料金をつけることはできません。

 

また、サービスの質を確保することがとても重要で、
サービス提供のためには、一定の基準を満たすことが必要です。

 

そして、アイデア次第で、サービスの内容を大きく変えることはできません。

 

つまり、福祉は「頭を使って一生懸命働けば、
どんどん儲かる」という仕事ではありません。

 

実際の福祉業界で働く人の年収を見てみても、
他の業界に比べて、決して高いとはいえません。

 

「できるだけたくさん儲けたい!」と思うのであれば、
別の業界で仕事探しをしたほうがよさそうです。